ご予約・お問い合わせ  TEL 050-3802-1544 平日 11:00~19:00/土日・祝日 11:00~18:00

富士登山の持ち物

富士登山

スタッフが添乗した経験をもとにアドバイス!ただしあまり重装備になって荷物の重量が増えすぎてしまうとせっかくの装備が逆に登頂の妨げになりかねませんのでご注意ください。

服装について

服装は富士登山シーズンの7月~9月のどの日程に参加するかにもよりますが、概ね山頂付近は冷え込みます。 特に雨が降ると冷え込むのでしっかりした服装が必要です。

ウェア アドバイス
上着
アウターウェア
動きやすく保温性の高い物がおすすめです。
インナー
インナーウェア
最近は高機能なインナーがお求めやすい価格で販売されています。吸湿・速乾・保温・発熱等の機能が備わっているものがおすすめです。特に速乾!雨具にもよりますが、天候がくずれた際、雨具が安いものだと中で蒸れてベタベタになってしまいます。
バンツ
バンツ
動きやすいパンツがおすすめです。あまり厚手のものは雨具の装着時もジャマになるので、もし防寒を考えるならインナータイプのものをパンツの下に装着すると良いと思います。たまに短パンの方がいらっしゃいますが、防寒やケガ防止のため、長ズボンがおすすめです。
雨具
雨具
これも物によってかなり機能に差があります。高機能なものはやはり快適ですが、かなり高価です。外気や体温に応じて温度や湿度を調整をしてくれたりします。また防水機能にもかなり差がありますが、あまり安いものは雨が強くなった際に雨具の役割を果たさないのでおすすめしません。コンビニ等で販売している簡易レインコートでは浸水して身体が冷えて厳しくなります。身体が冷えると疲れても、立ち止まると寒くて休憩もできません。

靴
やはり底があつくて、踝まであるハイカットの登山靴がベストです。とくに富士山は砂利や岩場の箇所が多いので底が薄いと足の裏が痛くなってきてしまいます。靴も防水のものならなお良いです。ただし新品は禁物。早めに用意して普段から履きならしておいてください。また靴ひもは必ずしっかり結んでおくこと。ゆるいと下山時など爪先に負担がかかり爪が内出血してはがれてしまいます。
靴下
靴下
厚手の靴下のほうがクッションも効いて靴ずれもしにくいです。
帽子・サングラス
サングラス
天気が良い日は陽射しがきついので、帽子・サングラスがあると助かります。また風がつよいと砂埃が舞うので、サングラスは目の保護にもなります。フィット感のある軽量のスポーツタイプがおすすめです。ゴーグルのお客様もいらっしゃいましたが、ゴーグルなら砂埃を完全にシャットアウトできますね。
手袋
手袋
登山時、岩場に手を突いたりするので軍手があったほうが良いと思います。また天候がくずれた時にはスノーボードなどウィンタースポーツ用の防水手袋が威力を発揮!手先が冷たくならないのは助かります。

食糧等

お腹が空いたら登山は無理?エネルギー補給も大事です。ただし持っていきすぎると荷物がかさばってしまいます。また特に水分はザックが顕著に重くなるので持っていきすぎに要注意。

食糧 アドバイス
水分
水分
水分の補給はとても大切。山小屋でも売っていますが価格も高めなので、いくらかは用意しておいたほうが良いと思います。登山ガイドさんが言っていましたが、量はぜいぜい500mlのペットボトルを二つ。それ以上持っていっても体力の負担になるマイナスのほうが大きいとか。確かに2Lも飲みません...(真夏は登山開始時用にペットボトルのひとつを凍らせてタオルにくるんで持っていくと登山するころに冷たい飲み頃の水になってありがたいです。)
食糧
食糧
エネルギーになるチョコレートやキャラメルなど糖分の高い物が良いと思います。疲れたときにチビリチビリとやります。またスタッフの中にはベビーチーズやソーセージを持っていったりするスタッフもいます。
その他 カロリーメイトやゼリー状の食事も良いと思います。高地では胃の働きも弱くなるので、消化不良の原因にもなります。上に行くほど食欲が失せてせっかく持っていった食料が食べられなくなる方もいらっしゃいます。なるべく消化がよく体内に吸収されやすいものがよいと思います。あと気分がスッキリするのでミント系の飴やガム、フリスクなども良いと思います。

その他装備

富士山は日本のシンボル。富士山を守るためにはマナーも大切。またちょっとしたグッズが登山を快適にしてくれるかも!?

装備 アドバイス
ゴミ袋
ゴミ袋
富士山では登山中のゴミは各自で持ち帰ります。かさばらないビニール袋は何かと利用価値があります。
携帯灰皿
携帯灰皿
喫煙される方は必須。ただし高山病が心配な方は吸わないほうが良いかも。
懐中電灯
ヘッドライト
夜間登山の際は必須です。月のない夜は本当に真っ暗です。手がふさがると何かと不便なので懐中電灯ではなくヘッドライトが必須です。100円均一で売っていたクリップ式のミニライトでも懐中電灯や何も無しよりはるかに便利!ただしあまり安いものは故障するといけないので予備があれば良いかもしれません。電池も予備も忘れずに。
ザック
ザック
背負いやすいものだと身体への負担も軽減できます。ザックはお店で実際に背負ってみるとベスト。自分にあったものを選んでください。腰ベルト付だと重量を腰でも支えることができるので、肩の負担が軽くなります。また肩ベルトも胸の前で固定できるものが特に良いと思います。ザックカバーはあれば良いのですが、わざわざ購入するのが負担なら、中のものが濡れないようにそれぞれビニール袋でくるんであればザックが濡れてもあまり問題はありません。でもあまり水を吸ってしまうと少し重く感じるかもしれません。登山に自信の無い方はこういった細かな装備も用意してあったほうが快適な登山ができる可能性は高くなります。
ストック
ストック
邪魔な気もしますが、やはりステッキを使って登ると体重を支える力が分散できるのと、身体を上に持ち上げるのに(登山に)腕の力も使えるので楽なようです。また途中の山小屋で焼印を押してもらいたい方はステッキのかわりに金剛杖を購入すると良いと思います。ただし金剛杖はじゃまになってもコンパクトに収納することなどできないので注意してください。
携帯酸素
携帯酸素
少しかさばりますが、高山病になりやす方はお守りに持っていったほうが良いかもしれません。酸素の吸引は良く効くという方と全然効かないという方にわかれるような気がします。ただしスタッフの話では、お客様の様子を見ているぶんには一度高山病の症状が発生すると酸素を吸引しても中々回復しないようです。早め早めに吸引したほうが高山病の予防になるのかもしれません。現地でも売っていますが町中のスポーツ用品店で購入したほうが割安です。

富士登山写真